大牟田高等技術専門校:専門校PR

 大牟田高等技術専門校の科目を詳しくご紹介します!

電気設備科  OAビジネス科  機械技術科  溶接技術科  

電気設備科

電気工事技術者を養成

電気設備科イメージ

 クリーンなエネルギーとしてあらゆるところで電気が使われています。私たちが安心して電気を利用する為には、適切かつ確実な電気設備の工事とメンテナンスが必要です。電気工事を行えるのは有資格者に限られ、知識と技術を持った人材が求められています。

電気設備科の概要

 電灯および動力設備・自動火災報知設備・防災環境設備・テレビ共聴視設備・高圧受電設備・自動制御等について、基礎から応用までの技能と関連知識を習得し、電気工事技術者として就職できるよう指導します。

電気工事の仕事とは

設計・積算部門 発注者の意図を把握し、法令等の基準に適合した設計図を作成し、その設計図を基に積算を行い、工事金額等を決定します。
工事部門 設計図や工事仕様書に基づき、材料や機器の手配、工事工程・作業期間・作業人数等の施工計画を作成し、安全管理・品質管理を行いながら施工します。
メンテナンス部門 電気保安の立場から、電気設備の定期的な点検や測定・試験等を行います。

資格試験等

取得できる資格
 (修了時)
第2種電気工事士免状
技能検定(配電盤・制御盤組立作業)2級受験資格(学科免除)
めざす資格試験 第1種電気工事士
消防設備士(甲、乙4類、乙7類)
【 トップに戻る 】 

OAビジネス科

求められるIT時代の即戦力を養成

OAビジネス科イメージ

 各企業にIT革命の波が押し寄せ、事務処理の基本形態が大きく変化しました。パソコンを使いこなし、様々なデータを活用し、業務の効率化・合理化を図ることのできる実務能力を持った即戦力のオフィスワーカーが求められています。

OAビジネス科の概要

 1年間で、簿記・ビジネスマナー・パーソナルコンピュータの操作等、ビジネスの現場で即戦力として活躍できる実力を育成します。いわゆる一般事務職として企業から求められる人材を育成します。
 商業簿記から工業簿記・原価計算・会計学、パソコンによる財務会計を理解し、会計主任級の人材育成を目指します。
 Officeアプリケーションを駆使し、Excelによるデータ処理やWordによる文書処理を迅速に行え、PowerPointによるプレゼンテーション、電子メールなどIT革命に対応した即戦力を身に付けます。
 組織の一員として必要なマナー(身だしなみ、話し方、電話の応対、接遇の方法)やビジネスの基本知識(社会常識、税務、社会保険など)を習得します。

目指す資格試験

主催等 検定内容 レベル
日本商工会議所 簿記検定試験 3・2級
建設業振興基金 建設業経理士試験 2・1級
全国経理教育協会 簿記能力検定試験 3・2・1級
社会常識能力検定試験 3・2級
計算実務能力検定 2・1級
電卓計算検定試験 3・2・1・段位
職業能力開発協会 CS試験表計算部門 3・2・1級
CS試験ワープロ部門 3・2・1級
【 トップに戻る 】 

機械技術科

日本の産業を支える機械加工

機械技術科イメージ

 近年、九州に自動車産業の企業が数多く進出し機械加工分野の人材確保が重要な課題となっています。大牟田周辺地域でも自動車関連や電子部品の企業が進出し、機械加工に携わる新時代のマシンエキスパートが求められています。

機械技術科の概要

 時代のニーズに対応していくため、機械製図・手仕上げ・汎用工作機械・NC工作機械・CAD/CAM等について、基礎から応用までの技能と関連知識を習得し、機械加工技術者として就職できるよう指導します。

機械加工とは

汎用工作機械作業 旋盤、フライス盤等に代表され、人間の手で工作機械を操作することにより金属の塊から製品を作り出す作業です。
NC工作機械作業 NC旋盤、マシニングセンタ等により代表され、コンピュータを使い、プログラムによって工作機械を動かす作業です。
CAD/CAM作業 近年の部品・金型作業において必要不可欠な作業で、コンピュータで図面を作成(CAD)し、それを基にNC工作機械を動かすプログラムを作成(CAM)します。

資格試験等

取得できる資格
 (修了時)
技能検定(機械加工)2級受験資格
機械研削といしの取替え等の業務に係る特別教育修了証
ガス溶接技能講習修了証
【 トップに戻る 】 

溶接技術科

求められる溶接技術者

溶接技術科イメージ

 溶接は金属と金属をつなぐための方法で、ものを作るうえで必要不可欠な技術です。企業からは、溶接の技術はもちろん、製図から溶接施工・検査いたるまで製作に関する知識・技能を有している溶接技術者が求められています。

溶接技術科の概要

 溶接に関する基礎から応用までの技能を習得することはもちろんのこと、溶接技術者にとって必要な溶接施工や検査に関する知識、金属の加工法および装置の使い方など、実際のものづくりを通して、企業にとって即戦力となる人材育成に努めます。

溶接技術者の仕事とは

設計・加工部門 発注者の意図を把握し、構造物の強度、材料の選択、溶接施工法、製造コストなどの条件から図面を作り上げ、その図面から材料の切断、加工を行う。
溶接部門 変形やひずみ等を考慮し、一番適した溶接条件・方法を設定し、欠陥のない良好な溶接を行う。
検査部門 溶接部分に欠陥がないか。図面と寸法等が違っていないか等の検査を行う。

資格試験等

取得できる資格
 (修了時)
ガス溶接技能講習修了証
アーク・自由研削砥石取替え等の業務に係る特別教育修了証
めざす資格試験 溶接技能者評価試験各種
溶接管理技術者
【 トップに戻る 】 

Copyright 2009 Fukuoka Prefecture.All Rights Reserved.
福岡県 福祉労働部 労働局 職業能力開発課
〒812-8577 福岡県福岡市博多区東公園7番7号 電話:(092)643-3601、Fax:(092)643-3605